米国、対中関税を近く発動か 第3弾22兆円、圧力強化へ

 【ワシントン共同】トランプ米政権は6日、年2千億ドル(約22兆2千億円)相当の中国からの輸入品に25%の追加関税を課す第3弾の制裁措置に関する意見募集期間の最終日を迎えた。公聴会では反対意見が続出したが、米政権は中国への圧力を強化するため近く制裁発動に踏み切る構えだ。

 米政権は中国が米先端技術の移転強要といった不公正慣行を改めない姿勢を問題視し、既に2回にわたり計500億ドル相当に25%の追加関税を課した。第3弾を合わせると、中国からのモノの輸入額のほぼ半分の2500億ドルに上る。

 米中両政府は8月に通商問題で次官級協議を開いたが、大きな進展はなかった。

関連記事
全国ニュース > 経済の記事