宅配便、17年度は42億個 3年連続で過去最高更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 荷物を運ぶ宅配業者の従業員=2017年、東京都内

 国土交通省は7日、2017年度に配達された宅配便は前年度比5・8%増の42億5133万個と、3年連続で過去最高を更新したと発表した。インターネット通販や、スマートフォンのアプリを使った個人間の中古品売買の拡大が続いていることが影響した。

 業界大手では、首位のヤマト運輸が1・7%減の18億3668万個。ドライバーの労働環境改善のため値上げなどで取扱量を抑制した結果、他社に顧客が流れた。2位の佐川急便は3・6%増の12億6222万個、3位の日本郵便は38・5%増の8億7588万個だった。上位3社でトラック運送の宅配便の94%超を占めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事