中国、米と同時に報復関税へ 新たな対抗手段も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 中国山東省青島市の沖合を進むコンテナ船=13日(AP=共同)

 【天津共同】トランプ米大統領が17日に2千億ドル(約22兆円)相当の対中制裁関税第3弾を表明し貿易赤字削減へ大幅な譲歩を迫ったのに対し、中国商務省は18日、報道官談話を発表し、米国と同時に報復関税を課すと発表した。「両国間協議に新たな不確実性が生じた」と強調。月内に再開予定の閣僚級協議が中止となる可能性が出てきた。中国の全製品に制裁対象を拡大する場合に備え、新たな報復手段も検討しているとみられる。

 中国商務省は18日、第3弾の制裁関税は世界貿易機関(WTO)ルール違反だとして、米国を提訴する手続きに入ったと発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事