米4~6月経常赤字16%減 2年半ぶり低水準
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米商務省が19日発表した2018年4~6月期の経常収支の赤字額(季節調整済み)は前期比16・6%減の1014億6千万ドル(約11兆4千億円)だった。経常赤字は15年10~12月期以来、2年半ぶりの低い水準だった。モノの赤字が減り、サービスの黒字が増えたのが経常赤字縮小の要因。

 モノの赤字額は8・0%減の2031億5800万ドルだった。サービス収支の黒字は3・8%増の693億4600万ドルで、モノとサービスを合わせた赤字額は13・1%減の1338億1200万ドルになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事