中国普及のアプリで配車スタート まず大阪、訪日客取り込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見に出席したソフトバンクの宮内謙社長(右)ら=27日、大阪市

 タクシー大手の第一交通産業と配車サービスの「DiDiモビリティジャパン」(東京)は27日、中国で普及しているスマートフォン向けアプリを使ったタクシーの配車サービスを大阪府内で始めた。第一交通をはじめ計12社の約千台が対応する。東京や京都などにもエリアを広げることを検討しており、訪日中国人客を中心に需要の取り込みを目指す。

 DiDiモビリティは中国の配車サービス最大手の滴滴出行とソフトバンクグループが出資して設立した。アプリは滴滴が開発し、中国やオーストラリアなどの約400都市で展開。客がスマホで現在地や目的地を入力すれば、最も近いタクシーを呼べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事