日産、中国でEVの生産工程公開 電動化車両拡大して攻勢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日産自動車の新型EV「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産工程=15日、中国・広州(共同)

 【広州共同】日産自動車は15日、中国・広州の花都工場で新型電気自動車(EV)「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産工程を報道関係者に公開した。自動車の世界最大の市場である中国では、環境規制の強化によりEVなどの需要が高まっており、現地で人気のあるシルフィを皮切りに電動化車両を拡大し攻勢をかける考えだ。

 「シルフィ ゼロ・エミッション」は日産ブランドとして中国で量産する初のEVで、9月から現地向けに販売を始めた。花都工場では1日に約90台を生産している。EV「リーフ」の技術をベースにしている。1回の充電で338キロの走行が可能という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事