新型のロボット掃除機公開 ソフトバンク、法人向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 業務用ロボット掃除機「Whiz(ウィズ)」の操作画面=19日午後、東京都江東区

 ソフトバンクは19日、人工知能(AI)を活用した新型の業務用ロボット掃除機「Whiz(ウィズ)」を公開した。清掃経路を記憶し、一般的な家庭用ロボットの5倍の面積を自動で清掃できるという。法人向けに来年3月以降、月2万7千円でレンタルする。

 車の自動運転技術を手掛ける米国企業と共同開発し、高さ約65センチ、幅約50センチ、重さ約32キロ。初めに後部のハンドルで手押しして経路を覚えさせると、次回からは自動で人や障害物を避けながら掃除する。

 1回の充電で約3時間連続稼働し、約1500平方メートルの床の清掃が可能。オフィスやレストランなどでの利用を想定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事