スパイ容疑の華為社員解雇 関与否定、幕引き図る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【北京共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は12日、ポーランド当局にスパイ行為の疑いで逮捕された中国人社員について「ファーウェイの名声を傷つけた」として解雇を決定したと発表した。社員の嫌疑は「会社とは無関係」とし、関与を否定した。

 対外イメージの悪化や外交問題への発展を避けるため、早期の幕引きを図ったとみられる。

 同社は「事業を展開する国のあらゆる法規定を順守している」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事