「トランプ大統領が家族を脅迫」 元腹心、議会証言を延期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】トランプ米大統領の腹心だった元顧問弁護士コーエン被告は23日、下院監視・政府改革委員会で2月7日に予定していた公聴会での公開証言を延期する考えを委員会に伝えた。理由として「大統領とジュリアーニ弁護士が家族を脅迫しているため」と説明した。

 トランプ氏は不倫問題でコーエン被告に違法な口止め料支払いを指示したとされる。トランプ氏らは最近、コーエン被告の義理の父親の弱みを握っているとテレビ番組で公言するなどして被告への圧力を強めている。トランプ氏は23日、記者団に脅迫の意図を否定し「コーエン被告は私のために真実を言いたくないだけだ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事