独立派12人の公判結審 カタルーニャ投票で反逆罪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 12日、マドリードのスペイン最高裁で証言するカタルーニャ自治州のジュンケラス前副首相(ロイター=共同)

 【パリ共同】2017年10月にスペイン北東部カタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票を強行し、反逆などの罪に問われた独立派のジュンケラス前州副首相ら計12人の公判が12日、マドリードのスペイン最高裁で結審した。スペイン通信が伝えた。

 検察側はこれまで、ジュンケラス氏ら12人が進めた独立に向けた動きは暴力的な反乱を通じた「クーデター」だと主張。ジュンケラス氏に禁錮25年、ほか11人には同17~7年を求刑している。判決期日は追って指定され、秋以降となる見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事