「イランは日本に敬意払わず」 タンカー攻撃関与とサウジが非難
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【カイロ共同】サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は16日にアラブ紙が掲載したインタビューで、イラン沖ホルムズ海峡近くで起きた日本などのタンカー2隻への攻撃が安倍晋三首相の訪問中に発生したことを挙げながら「イランは日本の首相のテヘラン訪問に敬意を払っていない」と述べ、攻撃にイランが関与したとして強く非難した。

 インタビューはアラブ紙アッシャルク・アルアウサト(電子版)が伝えた。皇太子は「サウジは地域での戦争を望んではいない」としつつ「国民や国益への脅威に対処することはためらわない」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事