米の加州知事、先住民に公式謝罪 歴史的な「虐殺」認める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 先住民との会合に出席したニューソム知事(左)=18日、米カリフォルニア州(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のニューソム知事(民主党)は18日、先住民のリーダーに対し、19世紀に同州で起きたゴールドラッシュで先住民の「虐殺」が行われたと認め、謝罪した。州によると、知事による初の公式謝罪。当時の迫害の実態を調べる委員会を立ち上げ、来年1月に最初の報告を求めることも明言した。

 同州の先住民の歴史を伝える施設の建設予定地で開かれた会合で発言した。ニューソム氏は「カリフォルニアは暗い歴史を清算しなければならない」と強調した。

 今年1月に就任した同氏は、トランプ政権が続ける排他的な移民政策に対抗し、不法移民に寛容な方針を掲げる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事