香港、条例改正への抗議行動予告 20日夕方を撤回期限に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 香港の立法会で「撤回!」と書かれたプラカードと白い花を手に会議に出席する民主派議員=19日(共同)

 【香港共同】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡り、複数のグループは通信アプリ上で19日までに、香港政府が20日夕方を期限に「完全撤回」に応じなければ、21日朝に抗議行動を「エスカレートさせる」と予告した。

 複数の大学学生会も19日、同様の要求を提示。実現しない場合は、21日の政府本部庁舎の包囲などを呼び掛けるとしている。実際に抗議行動が起きるかどうかは不明だが、混乱を懸念する声が出ている。

 通信アプリ上の投稿によると、複数のグループは20日午後5時(日本時間同6時)までに、改正案撤回などを要求している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事