カンボジアのビル倒壊死者28人 中国企業が建設、違法建築か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【プノンペン共同】カンボジア南部シアヌークビルで建設中のビルが倒壊した事故で、現地当局者は24日、死者が28人になったと明らかにした。地元メディアが伝えた。違法建築の疑いがあり、警察は中国人の工事関係者らを拘束、事情を聴いている。

 事故は22日朝に発生。ビルは中国企業が建設しており、現場に建設作業員らが寝泊まりしていた。工事は無許可で、当局が中止を要請していたという。東南アジア諸国連合首脳会議に出席していたカンボジアのフン・セン首相は23日の会議終了後、急きょ現地入りした。

 シアヌークビルでは近年、中国資本によるリゾートなどの開発が急ピッチで進んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事