FB、ヘイト投稿者の情報提供 フランス司法当局に、世界初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ニューヨークの繁華街にあるスクリーンに映し出されたフェイスブックのロゴ=2018年3月(AP=共同)

 【パリ共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)とフランス当局は、人種や性的指向などに絡むヘイトスピーチ(憎悪表現)を巡る捜査で協力することで合意した。司法当局の正式要請があれば、FBはヘイトスピーチを投稿したユーザーの情報を提供する。フランスのオ・デジタル担当相が明らかにした。ヘイトに絡むFBの同種協力は世界初という。ロイター通信が25日伝えた。

 欧州連合(EU)欧州委員会は2016年、FBを含む交流サイト大手と、人種差別などの投稿の24時間以内の削除をうたう「行動規範」で合意。ヘイト対策を急いでいるが、フランスとFBの合意はさらに踏み込んだ内容だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事