コカイン生産、過去最高に 国連が発表、3500万人要治療
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 貨物船から押収されたコカイン=2018年8月31日、横浜税関

 【ウィーン共同】国連薬物犯罪事務所(UNODC)は26日、2017年に非合法に生産された最高純度のコカインの量が前年から25%増加、過去最高の推計1976トンに上ったとする19年版の「世界薬物報告」を発表した。薬物依存や健康障害で要治療の状態の人は約3500万人として警鐘を鳴らした。

 世界のコカイン生産の約70%を占めるのは南米コロンビア。政府と左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)の16年の和平合意を受け、中部の旧FARC支配地域で生産が減少。ただ、別の旧支配地で犯罪集団などが生産を増やしたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事