米、台湾に武器2千億円超 戦車やミサイル売却承認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 M1A2エーブラムス戦車(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ロイター通信は8日、米国務省が台湾への戦車や地対空ミサイルなどの武器売却を承認したと報じた。売却価格は計22億ドル(約2400億円)に上る。中国は既に売却方針に反対する姿勢を明確にしており、反発は必至だ。

 売却が決まったのはM1A2エーブラムス戦車108両や携帯型地対空ミサイル「スティンガー」250発など。トランプ米政権は、国防総省が6月に発表したインド太平洋の安全保障戦略で、台湾に対する中国の軍事圧力に対抗し、武器供給などで台湾への支援を続ける方針を示している。

 中国外務省は6月上旬、今回の売却方針が報じられた際に反対を表明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事