台湾総統選、郭氏が出馬を模索か 構図確定に曲折も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 左上から時計回りで、台湾の蔡英文総統、韓国瑜・高雄市長、郭台銘・鴻海精密工業前会長、柯文哲・台北市長

 【台北共同】台湾の最大野党、国民党は15日、来年1月の総統選の公認候補に韓国瑜・高雄市長を選出、与党の民主進歩党(民進党)の公認候補、蔡英文総統と争う。ただ、無党派層に人気が高い柯文哲・台北市長(無所属)に加え、国民党予備選で敗退した郭台銘・鴻海(ホンハイ)精密工業前会長も離党して出馬するとの観測があり、選挙戦の構図確定までには曲折がありそうだ。

 韓氏は選出後、郭氏に面談を申し入れたが「遠回しに拒否された」(台湾メディア)。郭氏は声明で韓氏を祝福したものの「支持」は表明していない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事