米、新移民規制の差し止め要請 人権団体、連邦地裁に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ロサンゼルス共同】米人権団体の全米市民自由連合(ACLU)は17日、西部サンフランシスコの連邦地裁に対し、トランプ政権が16日から実施に踏み切った南部メキシコ国境での新たな移民規制について、差し止めるよう仮処分を申し立てた。早ければ18日にも審理が行われる見通し。

 ACLUは16日、同地裁に移民規制の撤回を求める訴訟を起こした。ロイター通信によると、首都ワシントンでも複数の人権団体が同様の訴訟を起こしており、新たな規制を巡る司法闘争が本格化する。

 新規制は、これまで認めてきた米南部国境での難民申請などを16日から受理しないとする内容。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事