メーガン妃、ヴォーグ誌編集参画 「変化」の女性15人表紙に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 英王室が公開したメーガン妃の写真(SussexRoyal、英PA通信提供・ロイター=共同)

 【ロンドン共同】ヘンリー英王子の妻メーガン妃がファッション誌「ヴォーグ」英国版の9月号の編集に参画した。英メディアが29日伝えた。「変化への力」がテーマで、世界に変化をもたらす女性に着目。地球温暖化対策を求める若者の世界的運動の火付け役となったグレタ・トゥンベリさんら15人を表紙に起用した。

 ファッション誌の9月号は1年間の中で最も重要とされ、ヴォーグ英国版で部外者が編集するのは初めて。同妃とミシェル・オバマ前米大統領夫人との対談や、動物行動学者ジェーン・グドールさんへのインタビューも含まれている。メーガン妃は約7カ月にわたって編集に協力した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事