英下院補選、離脱反対野党が勝利 ジョンソン新政権に痛手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)離脱を巡る混迷の続く英国で1日、与党保守党議員が不祥事で議席を失ったことに伴う下院補欠選挙があり、離脱に反対する野党の自由民主党の候補が勝利した。ジョンソン首相就任後の初の国政選挙。下院で過半数割れする保守党がさらに基盤を弱め、10月末の離脱実現を目指す新政権にとって大きな痛手となった。

 補選のあった西部ウェールズの選挙区を含む地域では、2016年の国民投票で離脱支持が多数を占めた。15年と17年の総選挙では保守党議員が勝利した一方、15年までは自由民主党が議席を確保していた経緯があり、離脱問題も争点となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事