米南部で銃乱射、20人死亡 テキサスの大型商業施設
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 銃乱射事件が発生したショッピングモールに駆けつけたパトカーや消防車(ロイター=共同)
 銃乱射事件が発生したショッピングモールに駆けつけたパトカーや消防車(ロイター=共同) 米南部テキサス州エルパソの銃乱射事件後、手を上げて施設から出る買い物客ら=3日(ロイター=共同)
 銃乱射事件が発生したショッピングモールに駆けつけたパトカーや消防車(ロイター=共同) 米南部テキサス州エルパソの銃乱射事件後、手を上げて施設から出る買い物客ら=3日(ロイター=共同) ライフルを手にウォルマートに侵入したパトリック・クルシウス容疑者の監視カメラの映像=3日、米南部テキサス州エルパソ(UPI=共同)

 【ロサンゼルス共同】米南部テキサス州エルパソのショッピングモールで3日、男が銃を乱射し、アボット州知事は20人が死亡したと明らかにした。警察は容疑者として白人の男1人を拘束したと発表し、単独犯との見方を示した。地元警察は、負傷者が26人に上ったと明らかにした。

 警察によると、拘束されたのは同州北部に住むパトリック・クルシウス容疑者(21)。容疑者のものとみられるインターネットの投稿などから、憎悪犯罪(ヘイトクライム)の可能性もあるとみて、動機などを詳しく調べている。ライフル銃のようなものを乱射し、死傷者の多くは商業施設内にあるスーパーで倒れていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事