香港や台湾を「国」扱いで謝罪 ベルサーチやジバンシィ、コーチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【上海共同】ベルサーチやジバンシィ、コーチといった欧米の高級ブランドが、Tシャツのデザインで香港や台湾などを国のように扱っているとして中国のインターネット上で批判が相次ぎ、13日までに次々と謝罪に追い込まれた。

 香港で大規模な抗議活動が続く中、中国のネットユーザーらは中国の主権に関する話題に神経質になっているもよう。

 問題とされたTシャツはいずれも、背中部分に世界の都市名と対応する国名を列挙。北京の国名が「中国」となっている一方、香港は「香港」とだけ記されたり、台北は「台湾」となっていたりした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事