韓国・釜山で安倍首相糾弾集会 日本総領事館周辺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 17日、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された元従軍慰安婦を象徴する少女像のそばでデモ行進する市民ら(共同)

 【釜山共同】韓国第2の都市、南部釜山の日本総領事館周辺で17日、日本政府による輸出規制強化や安倍晋三首相を糾弾する集会が開かれ、数百人が「(日本の植民地支配下での)強制徴用を謝罪せよ」「慰安婦問題について謝罪せよ」とシュプレヒコールを上げた。

 「ノー 安倍糾弾」と書かれたプラカードを掲げた参加者らは、24日に更新の判断期限を迎える軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄も訴えた。

 地元の労働組合など100以上の団体が14日に設立した「安倍糾弾釜山市民行動」が主催した。釜山市は日本との交流が活発だが、呉巨敦市長は7月、日韓交流行事の全面見直しを表明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事