ロシア、中距離ミサイル再開発 米の欧州配備警戒、対抗も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 21日、フィンランド・ヘルシンキでの記者会見で話すロシアのプーチン大統領(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】米国が、今月2日に失効した中距離核戦力(INF)廃棄条約が禁じていたミサイルの発射実験を行ったことを受け、ロシアのプーチン大統領は21日、ロシアも「同様のミサイルの開発を再開する」と表明した。米国による同ミサイルの欧州配備を警戒しているとし、そうなれば「相応の対抗措置を取る」と警告した。

 ヘルシンキでフィンランドのニーニスト大統領と共に行った共同記者会見で表明した。INF廃棄条約の失効に伴う米ロの軍拡競争激化が懸念されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事