香港政府、市民対話を提起 条例案撤回後も抗議続く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 5日、香港の鉄道駅で、催涙スプレーでデモ隊を排除しようとする警官(ゲッティ=共同)
 5日、香港の鉄道駅で、催涙スプレーでデモ隊を排除しようとする警官(ゲッティ=共同) 記者会見する香港政府トップの林鄭月娥行政長官=5日、香港(共同)

 【香港共同】香港政府トップの林鄭月娥行政長官は5日、記者会見し、政府と市民との対話の枠組みづくりを改めて提起し「香港が直面している難局から一歩踏み出すことを望む」と訴えた。

 香港政府が「逃亡犯条例」改正案の撤回を表明した4日夜以降も、デモ隊は九竜地区の警察署周辺など複数箇所で抗議活動を続け、警官隊と対峙した。デモ隊は普通選挙の実現など「五大要求」が受け入れられるまで闘うとしており、混乱の収束は見通せない。

 香港メディアによると、黒い服を着た100人超のデモ隊が警察署を包囲した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事