中国とキリバスが国交 建国70年で外交成果誇示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 中国の国連代表部で国交樹立の文書に署名後、握手する王毅国務委員兼外相(右)とキリバスのマーマウ大統領=27日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】中国は27日、台湾と断交した南太平洋のキリバスと外交関係を回復し、ニューヨークにある中国の国連代表部で国交樹立の文書に署名した。21日にも、台湾と断交した南太平洋のソロモン諸島と国交を樹立。習近平指導部は10月1日の建国70年で、台湾統一実現に向けた外交成果としてアピールする方針だ。

 中国の王毅国務委員兼外相は署名式後の記者発表で「一つの中国を堅持することが大勢であることを示した」と強調。中国は国連総会に合わせて国交を結ぶことで、中台は不可分の領土とする「一つの中国」原則に対する国際社会の支持の広がりを演出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事