香港、至近距離から左胸に1発 警官が発砲、崩れ落ちる若者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1日、香港でデモ参加者(左)に向けて発砲する警察官の映像(香港大学生会Campus TVのフェイスブックから・共同)

 【香港共同】「胸が痛い。病院へ送ってくれ」。香港の九竜半島で1日起きた抗議デモで、警官が実弾を発砲、高校2年生の若者が重体となった。当時の状況を撮影したとみられるインターネット上の動画によると、警官は至近距離から若者の左胸へ1発撃ち、若者は背中から崩れ落ちた。若者は弱々しい声で仲間に助けを求めた。

 発砲があったのはヘルメットやガスマスクを装着した複数の若者と警官らが衝突した場面。警官が若者に囲まれて殴られているそばで、別の警官が、棒でたたこうとしてきた若者の胸に向けて発砲した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事