日米韓の制服組トップが会談 11月には国防相もタイで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米軍制服組トップのミリー新統合参謀本部議長は1日、防衛省制服組トップの山崎幸二統合幕僚長、韓国軍制服組トップの朴漢基合同参謀本部議長とワシントン郊外の国防総省で会談した。シュライバー米国防次官補は同日の講演で、日米韓3カ国による国防相会談を11月にタイで実施するとの見通しを明らかにした。

 制服組トップによる3カ国の会談は韓国政府による日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)破棄決定後初めて。日韓対立が続く中、日米韓3カ国の連携の重要性を確認したとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事