米、中国当局者のビザ制限 ウイグル族弾圧でまた制裁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は8日、中国新疆ウイグル自治区で続くイスラム教徒の少数民族ウイグル族などへの弾圧を巡り、弾圧に関与した中国政府当局者や共産党関係者が米国に入国するためのビザ(査証)発給を制限すると発表した。具体的な対象者は不明だが、中国側の反発は必至だ。

 米商務省は7日、中国の監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)など28の企業や政府機関への禁輸措置を発表したばかり。今回のビザ制限は対象者の家族にも及ぶ可能性があるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事