ディオール、台湾ない地図で謝罪 中国の大学就職説明会で「誤り」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 武漢のショッピングモールに設置された「ディオール」の屋外広告=2013年(ロイター=共同)

 【北京共同】フランスの高級ブランド、クリスチャン・ディオールは17日、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」を通じ、中国の大学で16日に実施した就職説明会で担当者が「誤った表現と解釈をした」として謝罪する声明を発表した。

 共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)によると、浙江工商大での説明会で、担当者が店舗の所在地を示した地図に台湾が表示されていなかった。学生が「なぜ台湾がないのか」と質問し、会場から拍手と歓声が起きた。

 中国では香港や台湾に関わる発言や商品を巡り、企業が謝罪に追い込まれる事例が続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事