中距離弾沖縄配備計画「今ない」 玉城県知事に米国防総省回答
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者団の取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=18日、米ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】訪米中の玉城デニー沖縄県知事は18日、米軍がアジア太平洋地域への配備を目指す地上発射型中距離弾道ミサイルに関し、玉城氏と同日会談した国防総省当局者が「(沖縄への配備)計画は今のところない」と回答したと明らかにした。米首都ワシントンで記者団の質問に答えた。

 米政府は米ロの中距離核戦力廃棄条約が8月に失効したことを受け、同ミサイルの早期の開発・配備を目指している。

 玉城氏は国防総省の東アジア担当と国務省の日本担当と会談。沖縄配備の可能性を尋ねた玉城氏に対し国防総省当局者が「今の段階でどこに配備するかを発表できる段階ではない」と答えたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事