EU、英離脱決着に期待感 総選挙「ひそかに与党応援」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ブリュッセル共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、12月12日の実施が事実上確定した英総選挙について、EU側の首脳らは沈黙を保っている。加盟国の内政に立ち入らない原則に加え、結果が見通せず離脱に与える影響が予測しがたいためだ。ただ、長引く離脱問題の決着への期待感から、英紙は30日、EUはジョンソン首相の与党保守党を「ひそかに応援している」と伝えた。

 ジョンソン氏は総選挙で保守党が単独過半数の議席を得た上で、来年1月末までに英政府がEUとまとめた離脱合意案の承認を受け、EUを去る構え。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事