IS母の子56人を帰国させよ オランダで判決、当局上訴の意向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ブリュッセル共同】過激派組織「イスラム国」(IS)に加わった後、シリアで拘束されたオランダ人女性23人が、現地で産んだ子ども56人と共に帰国させるようオランダ当局に求めた訴訟で、同国ハーグの裁判所は11日、子どもたちの帰国を「積極的に」支援するよう当局に命じる判決を下した。関係閣僚は12日、上訴の意向を示した。欧州メディアが伝えた。

 判決は、母親に関しては「ISの重大な犯罪行為を知っていた」はずだとして、帰国支援の必要を認めなかったが、子どもは「親の行動の被害者」であり、シリア北東部のキャンプで拘束されていることについて「彼らには責任はない」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事