米国防長官、文氏と15日に会談 日韓協定維持、直接要求へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ソウル共同】エスパー米国防長官は14日、韓国を訪問する。15日には鄭景斗国防相らと米韓定例安保協議(SCM)を開催するほか、文在寅大統領や政府高官との会談も予定。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)維持を強く促すとみられる。

 一方、韓国国防省の報道官は14日の定例記者会見で、協定の破棄決定に関し「政府の現在の立場には変わりない」と強調した。韓国政府はエスパー氏の訪韓を通じ、揺るぎない米韓同盟をアピールしたい意向だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事