米大統領政敵の捜査要求「異常」 ウクライナ疑惑弾劾公聴会で高官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 19日、米ワシントンで開かれた下院情報特別委員会の公聴会で宣誓するペンス副大統領の外交顧問ウィリアムズ氏(左)とビンドマン陸軍中佐(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾調査で19日、疑惑の発端となった7月の米ウクライナ首脳電話会談を傍聴した米高官2人が下院情報特別委員会の公聴会で証言した。2人はそれぞれ、トランプ氏が電話でウクライナ側に政敵の民主党バイデン前副大統領関連の捜査を要求したのは「不適切」で「異常」だったと述べ、問題視した。

 下院で多数派を握り弾劾調査を進める民主党は、会談内容を直接聞いた政権高官の懸念の声を公開の場で示し、年内に目指す「権力乱用」などを理由とした弾劾訴追に向け世論を喚起したい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事