米下院委が大統領弾劾報告書 ウクライナ疑惑、再選へ権限乱用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ウクライナ疑惑を巡る弾劾調査について記者会見する、米下院情報特別委の委員長=3日、米ワシントン(UPI=共同)

 【ワシントン共同】米下院情報特別委員会は3日、トランプ米大統領(共和党)のウクライナ疑惑を巡る弾劾調査で、政府高官の公聴会証言などをまとめた報告書案を賛成多数で承認した。来年の大統領選で再選を狙うトランプ氏が、大統領権限を乱用し、対立候補となる可能性のある民主党の政敵バイデン前副大統領を捜査するようウクライナに圧力をかけたと明示した。

 報告書は調査を主導してきた情報特別委から司法委に送付された。下院多数派の民主党が進める弾劾調査は大きな区切りを迎える。舞台は司法委に移り、4日に初の公聴会を開催する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事