元徴用工問題、協議会設立を提案 代理人ら、日韓政財界交え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 元徴用工問題で協議会の設立構想を発表する川上詩朗弁護士(中央)ら=6日午後、東京都内

 韓国人元徴用工らの代理人弁護士や支援団体が6日、ソウルと東京で記者会見し、問題解決のため元徴用工側と日韓の学者や経済界、政界関係者で構成する協議会を設立することを提案した。

 元徴用工問題は、既に解決済みとする日本政府と、日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の判決を尊重する韓国政府との間で膠着状態に陥っている。元徴用工側の提案は、政府のラインとは別の形で打開策を見いだす狙いがある。

 ただ、日本側で賛同の動きが出るかどうかや、協議会で両政府が受け入れ可能な解決策を見いだせるかどうかは不明だ。(ソウル、東京共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事