文氏、元徴用工「日本も対応を」 被害者同意、最重要と強調
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 14日、ソウルの韓国大統領府で年頭の記者会見を行い、報道陣の質問に答える文在寅大統領(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は14日、年頭の記者会見を行い、日韓間の懸案の元徴用工問題について、韓国側は既に解決へ向けた案を示しているとした上で「日本側も修正意見を出し(両国で)頭を突き合わせるべきだ」と述べ、日本政府に対応を促した。

 解決に向け「最も重要なことは被害者の同意を得ることだ」と言及。元徴用工らが受け入れ可能な解決を図る必要があるとの認識を強調し、日本政府にもこの点を念頭に置くよう求めた。

 日本政府は、元徴用工を含む韓国人の個人請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場で、文氏の求めに応じるかどうかは不透明だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事