イラン制裁復活へ手続き発動 英仏独、核合意存続さらに困難に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 イラン核合意を巡る「紛争解決手続き」について取材に応えるEUのボレル外交安全保障上級代表=14日、ストラスブール(AP=共同)
 イラン核合意を巡る「紛争解決手続き」について取材に応えるEUのボレル外交安全保障上級代表=14日、ストラスブール(AP=共同) 14日、イラン・テヘランでの会合で発言するロウハニ大統領(イラン大統領府提供、AP=共同)

 【テヘラン共同】イラン核合意を巡り、英仏独3カ国は14日、国連の対イラン制裁復活に道を開く「紛争解決手続き」を発動したと発表した。イランは反発を強めており、米イラン対立の高まりを背景に崩壊の瀬戸際にある核合意は、存続が一段と困難になった。欧州側は発動でイランに圧力をかけ、合意義務の全面履行を迫る狙い。合意存続を目指す欧州は、捨て身の賭けに出た。

 英仏独は声明で、核合意にはイランの核保有を防ぐための「中心的役割」があるとし、その維持は「何よりも重要な目的」と強調。米国の一方的な核合意離脱は遺憾だとした上で、「最大限の圧力政策」には加わらないと明言した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事