プーチン氏、首相更迭 退任後にらみ体制固め
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 15日、モスクワで年次報告演説をするロシアのプーチン大統領(タス=共同)
 15日、モスクワで年次報告演説をするロシアのプーチン大統領(タス=共同) ロシアの新首相として提案されたミハイル・ミシュースチン氏=15日、モスクワのクレムリン(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのメドベージェフ首相率いる内閣は15日、総辞職した。経済成果を上げられず国民の人気が低く、プーチン大統領が事実上更迭した形。プーチン氏はこれに先立ち年次報告演説で、憲法を改正して大統領と政府、議会の関係を見直す権力機構の大幅な改革を提案した。連続3選を禁じる憲法規定により大統領退任を迫られる2024年以降の影響力確保をにらみ、内閣を刷新し、改憲議論を引き起こすことで体制固めに動きだした。

 プーチン氏は同日、連邦税務局のミハイル・ミシュースチン長官を後任の首相候補として下院に提案した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事