英ヘンリー王子、今春に公務引退 公費や敬称辞退
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 英王室のヘンリー王子(右)と妻メーガン妃(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】英王室は18日、エリザベス女王(93)の孫であるヘンリー王子(35)夫妻が今春をめどに、王室の公務から退くと声明で発表した。王子は女王らとの協議の末、公務に伴う公費を受領せず、王族の敬称で呼ばれることを辞退すると合意した。王位継承順位6位の王子が主要メンバーから抜ける異例の事態となった。

 王族の敬称は、殿下や妃殿下を表す「ヒズ(ハー)・ロイヤル・ハイネス」で、王子の母である故ダイアナ元妃はチャールズ皇太子(71)との離婚を機に剥奪された。英メディアによると、王子は母と異なり、敬称自体は維持した上で使用を辞退するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事