リビア和平へ国際会議、首脳結集 暫定政権シラージュ首相は欠席か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 19日、ベルリンで開かれたリビア和平国際会議に出席したドイツのメルケル首相(前列中央)ら各国首脳(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】リビア内戦を巡り、関係国の首脳や代表による和平国際会議が19日、ドイツ・ベルリンで開かれた。リビアのシラージュ暫定政権と有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」の正式な停戦合意に向けた交渉が進展するかどうかが焦点だが、暫定政権関係者は共同通信にシラージュ首相が出席を見送るとの見通しを明らかにした。

 内戦には暫定政権を支援するトルコと、LNAの後ろ盾のロシアやエジプトなどの関係国が絡んでおり、停戦交渉が決裂すれば、戦闘の再燃が懸念されている。

 和平会議はドイツのメルケル首相が主催。12カ国の首脳や代表が会場の連邦首相府に入った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事