トランプ氏は「王様」と批判 NY州のクオモ知事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米ニューヨーク州のクオモ知事=3月30日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク、ワシントン共同】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は14日、トランプ大統領が13日に「大統領には絶対的な権限がある」と述べたことについて「自らを王と宣言したようなものだ」と批判した。米CNBCテレビの番組で語った。これに対し、トランプ氏は14日にツイッターで、クオモ氏ら野党民主党の知事を「反乱者」に例えて不満を表明した。

 トランプ氏は13日、新型コロナウイルス感染拡大防止策で停滞する経済活動の再開に向けて自ら主導権を握る意向を表明。感染終息を優先する州知事らとの間で、さや当てが激化している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事