北朝鮮兵士また韓国亡命 双方発砲も、今年4人目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北朝鮮、韓国・京畿道
 北朝鮮、韓国・京畿道 21日、北朝鮮兵士が亡命した後、ソウルで記者会見した韓国軍合同参謀本部の報道官のテレビ映像(ロイター=共同)

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は21日、同日午前8時(日本時間同)ごろ、北朝鮮軍の兵士1人が韓国・京畿道北部で軍事境界線を越えて韓国側に亡命したと明らかにした。韓国軍によると、銃撃戦にはならなかったが双方が発砲した。今年に入り北朝鮮から第三国を経由せずに直接韓国に亡命した軍人は計4人となった。11月にはソウル北方の板門店で北朝鮮の男性軍人が亡命を敢行したばかり。

 亡命時に銃撃戦はなかったが、21日午前9時半ごろ、兵士の捜索中とみられる北朝鮮側の兵士が軍事境界線に近づいたため、韓国軍は警告放送の後に北朝鮮側に向けて約20発の警告射撃を行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事