仏大統領、冒とくする自由を擁護 ムハンマド風刺画再掲載で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見するフランスのマクロン大統領=1日、ベイルート(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は1日、2日付の風刺週刊紙シャルリエブドが、かつてイスラム教徒の反発を招き2015年の同紙本社襲撃テロのきっかけとなったイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を再掲載したことを巡り「フランスには冒とくする自由がある」と表明した。

 訪問先のレバノン・ベイルートで記者会見したマクロン氏は「報道の自由があり、大統領は編集の決定に判断を下さない」とした上で、会員制交流サイト(SNS)を例に挙げ「表現の自由には憎悪を唱えないようにする義務もあるが、風刺は憎悪ではない」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事