EUはベラルーシ大統領制裁を 2位のチハノフスカヤ氏主張
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ベラルーシの反政権派チハノフスカヤ氏(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】ベラルーシ大統領選で2位とされ、選挙の不正を主張している反政権派のチハノフスカヤ氏はベルギー紙レコーのインタビューで、欧州連合(EU)の対ベラルーシ制裁の対象にルカシェンコ大統領個人を含めるよう訴えた。同紙電子版が15日報じた。

 EUは近く資産凍結とEU域内渡航禁止の対象者を発表する。

 チハノフスカヤ氏は滞在先のリトアニアで、制裁は「(当局の)暴力に反対し人権を守る」立場を示すだけでなく「ベラルーシの人々は孤立していない」と感じさせる手段としても重要と指摘。「欧州はルカシェンコと彼の共犯者を制裁すべきだ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事