米、中国人ハッカー5人を起訴 100社以上を攻撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米司法省は16日、米国や日本など100以上のITやソーシャルメディア関連の企業、大学などを標的に、広範囲にハッキングをした疑いで、中国人5人を起訴したと発表した。中国人と共謀し利益を得た疑いでマレーシア人ビジネスマン2人も起訴した。

 中国人5人は中国在住で、拘束されていない。マレーシア人2人は、米国への身柄移送手続きに入るという。

 ハッキング対象にはソフトウエア開発会社やプロバイダー、ゲーム会社のほか、NPOやシンクタンク、外国政府、香港の民主派政治家と活動家も含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事