米、21日にも対イラン制裁発表 武器禁輸維持へ大統領令も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】トランプ米政権は対イラン国連制裁が全面復活したとして、21日にも制裁履行に向けた追加措置を発表する方針だ。10月に期限切れを迎えるイランへの武器禁輸措置を維持するため、違反者に制裁を科す大統領令などが取り沙汰されている。

 ポンペオ国務長官は20日のFOXニュースのインタビューで「国連制裁は全面復活した。イランによる武器の不正取引を防ぐ。これについて明日さらに話す」と述べ、21日に追加措置の公表に踏み切る考えを示唆した。

 ロイター通信は、イランの核・ミサイル開発に関与した個人、団体を新たに制裁対象とすることなどを検討していると伝えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事