コロナ克服へ世界の紛争停止を 国連総長、協調支援求める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は22日、国連総会で各国首脳による一般討論に先立ち演説し、新型コロナウイルス大流行の克服に専念するため、年末までに世界各地の紛争停止を実現するよう改めて訴えた。米国と中国の「新冷戦」を回避し、発展途上国支援で国際社会が協調するよう求めた。

 新型コロナという「今まで目にしたことがない危機」を前にしても、自国の利益追求に終始する大国の姿勢に強い危機感を示した。

 グテレス氏は現状を、第2次大戦後の混乱期に国連を創設した時期と重ね「われわれは自らの1945年に直面している」と形容。「結束しなければならない」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事